不動産会社でお手頃な家を探そう|賃貸物件や一戸建てまである

住宅模型

住宅ローンが払えない時は

住宅

金融機関からお金を借りる場合には、担保を供することを求められるのが普通です。担保というのは、万が一のことがあった時に換価して債務の返済に充てられる財産のことです。担保には人的担保と物的担保の2種類がありますが、住宅ローンを組む際に求められるのは物的担保です。人的担保はいわゆる保証人のことで、誰かに借金を肩代わりしてもらうということです。それよりも、融資した金額に見合うだけの財産的価値がある物を占有し、債権が回収不能になった時には自由に換価できるという形にしておいた方が面倒がありません。とはいえ、金融機関からお金を借りて家を購入する人が、その家とほぼ同価値の財産を別に保有していることは現実的にまずありません。そのため、家の所有権が買主に移転すると同時に、第一順位で抵当権を設定するという形をとるのが一般的になっています。

住宅ローンの返済をストップさせてしまうと、抵当権が実行されて、家が競売にかけられることになります。競落者が決まれば、債務者は家から出ていかなくてはなりません。それで住宅ローンを完済することができるのであればまだ良いのですが、落札価格は極端に安いので、完済には至らないことが多いのです。しかし、任意売却で家を処分することができれば、残債を大幅に減らすことが可能になります。名古屋には数多くの任意売却業者がいますから、名古屋在住の人が住宅ローンの返済に行き詰って困っているのなら、任意売却業者に相談してみることをおすすめします。名古屋のどこにそのような業者がいるのか全く知らないという人が多いですが、インターネットを使えば割りと簡単に名古屋市内で営業している任意売却業者を探し出すことができます。